看板も時代によって変化している!?デジタル看板とは?

デジタルサイネージとは?

看板はお店や会社、またイベントの案内など様々な所で利用されています。不特定多数に宣伝したり案内することができるためとても便利なツールなのです。この看板も現代では進化をとげており近年ではデジタルサイネージ(電子看板システム)を導入している所も増えているのですよ。このデジタルサイネージって何?と疑問に思う人も多いでしょう。これはディスプレイやプロジェクターなどに静止画や動画を流すことができるシステムなのです。

デジタルサイネージでできる事とは?

デジタルサイネージでは通常の看板のように1つの情報だけでなく様々な情報を配信する事ができます。文字、静止画、動画などを使って宣伝したい情報を流すことができ、動きがあることによって注目してもらう事ができるのです。また時間帯によって宣伝する内容を変える事も簡単にでき、ターゲット絞った宣伝を行う事もできるのですよ。タッチパネル式もあるので通行人やお客様が自分で操作して必要な情報を確認する事もできるのです。

手軽に情報を更新できる

看板は一度作ってしまうと作り変えるというのはとても大変な作業になりますよね。しかしデジタルサイネージであればパソコンを使って簡単に内容を変えたり更新する事ができます。新しく印刷したり、また作り直す手間が省け、またコストを削減する事もできるのですよ。このよう看板も時代とともに変化しており、伝えたい情報を選ぶことなく配信できるようになっているのです。通常の看板よりも集客につながりやすくなるため、多くの企業などで導入されているのですよ。

屋外に長期間かかげられている看板のなかには雨や風、日差しによって書かれている文字が見えなくなるものもあり、手入れが必要になることもあります。